第9期(対面・オンライン)募集要項

本アカデミーでは、本場ロシアの演劇学科3年間で学ぶ『役作り』の全工程を、10ヶ月間に凝縮して修得して行きます。

スタニスラフスキー・システムの中の『身体的行動のメソッド』、『行動分析のメソッド』、『交流のメソッド』を使い、戯曲の分析(解釈)から始まり、役と自分をどのように近づけて行くか、舞台上で『本当に生きる』とは何かを体感して行きます。

その成果は、毎年期の終わり、7月の卒業公演にて発表します。

スタニスラフスキー・システムの中には沢山のメソッドがあります。その中から、講師アニシモフが、40年間のシステム研究と、20年間の各国の俳優との演劇活動を経て、最も日本人に合ったメソッドとして選んだ3つに焦点を絞っています。

アカデミーでは、『見せる演技』は教えていません。受講生の皆さんには、創造とは、芸術とは何か? 創造の秘密、法則について学んで頂き、舞台上で『本物の欲求』『本物の感情』を生み出す事、人間として『生きる事』を目的としたトレーニングを提供しています。

『役と自分を結びつけ、役が誕生し、役として生きるには、人が産まれる過程と同じく9〜10ヶ月が必要。短期ワークショップでは誕生しない。』という校長アニシモフの考えの元、アカデミーでは、時間をかけてゆっくりと創造の過程を辿って行きます。

毎年チェーホフの4大戯曲を題材にしています。私達は、チェーホフが、俳優にとって最も重要な素養の一つ、『真実の感覚』を育てるのに最適な作家だと考えております。

『真実だけが人を癒し、真実だけが人を治療する』 A.P チェーホフ

この言葉をモットーに、一人一人が才能開花の鍵を掴む10ヶ月間になる事を心より願っています。

第9期対面クラス

定員:限定25名(対面クラスは人数限定となっております)
受講料:50万円(入所金20万円+月謝 月3万円×10ヶ月)
日時:2021年10月開校予定(2021年10月~2022年7月予定)

内容:

  • 週2回の下北沢劇場における対面クラス
  • 7月1週目週末の卒業公演で戯曲を発表

注1)状況により、オンラインクラスに変更になる可能性があります。

第9期オンラインクラス

定員:調整中
受講料:25万円(入所金15万円+月謝 月1万円×10ヶ月)
日時:2021年10月開校予定(2021年10月~2022年7月予定)

オンライン説明会動画

メイン講師アニシモフによるスタニスラフスキー・システムとアカデミーについての説明会を開催いたしております。説明会の全編動画はこちらより。

何かご質問がある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

お申し込み・お問い合わせ
担当:大坂陽子
TEL:090-9389-5390