登録ボタンを押してアカデミーのYoutubeチャンネルに登録すると、アカデミーの旬の講義をピックアップしたものや、公開講義ノーカット版などを無料でご覧になることができます。

俳優・演出家としての悩み事や質問などに、校長がYoutubeチャンネルで回答します。こちらのフォームよりご記入ください。

アカデミー本科

対面クラスとオンラインクラスの入学を受け付けています。第9期は対面クラス満員、オンラインクラスのみ受付可で詳細は「こちら」。第10期は予約受付中で詳細は「こちら」

Leonid Anisimov

演出家、芸術学教授。スタニスラフスキー・システムの研究者、演出家として、現在ヨーロッパ諸国、アメリカ、日本で活発な活動を続けている。

大切にしていること

芸術活動、創造活動、全ては「心」が基本になっています。いつも何をやる時でも「心」「心のエネルギー」というものを常に忘れないことを大切にしています。

生きている状態でしか伝えられないもの

正しい課題を見つけて 、課題がはっきりしていても、舞台上でその課題を達成しようと演技してしまったりすると、結局全部ウソになってしまいます。人と言うのは生きてる状態でしか、真実というものを届けられません。

YouTube player

スタニスラフスキーはこう言っています。「俳優が舞台の上で、ありのままの人間ではなく、俳優という労働するような状態になってしまうと、それは作品も役も殺してしまう」。なので、常にありのままでいなければいけません。ただ、置かれている状況が違うだけです。

結果をイメージすることで俳優を壊してしまう

演出家として、こういうワーリャ(桜の園の登場人物の1人)になってほしいとイメージを作ってしまうと、その俳優のことを壊してしまうことになります。どんなワーリャになるかなど分かりません。どんなガーエフが生まれるかも分かりません。そこが面白いのです。

YouTube player

また女優自身がこういうワーリャだという結果を見てしまっていたり、あらかじめ知ってたとしたら、それは型を作ってしまうことになります。それをやってはいけません。

劇作家に従うのではなく

大体の人は、私は劇作家(ここではチェーホフ)が書いたロパーヒン(作品に登場する役)になるんだと思ってしまいます。私はロパーヒンではない、劇作家が書いたものが本物だと。そしてだんだん、その死んだ像に従うようになり、それが自分をコントロールし始め、その結果「生きていない人」になってしまいます。

スタニスラフスキーは、そうやって自分自身のことを殺すことが、戯曲そのものをも壊すことになると言っています。

大抵の俳優は劇作家(チェーホフ)に従うということを決めてしまっています。書かれたラネーフスカヤ(作品に登場する役)は死んでるものです。だから今まで上演されてきた桜の園のラネーフスカヤは、大体死んでるし、大体似ています。美しくて、叙情的で・・・。でもそれらは嘘、嘘、嘘です。死んでるから嘘なんです。

チェーホフは俳優にそのようなマスクをして欲しかったのではなく、生きた人間にこれをやって欲しかったのです。

YouTube player

チェーホフさんありがとう、でもこれは私ではありません。私は生きているから、生きたものをやりたいのです。愚かかもしれないけど、でも生きています。チェーホフよりも才能はないかもしれないけど、でも私は自分自身でいて、生きた存在のままでいたいのです。

もちろんチェーホフが書いてくれたセリフはしゃべります。でも私は私が理解するようにしかしゃべりません。セリフの中に込められている考えは、私自身のものです。チェーホフが考えたものとは違うかもしれない。でも私がやりたいようにやるのです。

生きる事・考え事をしてることの違い

生活のことを考えることは誰でもできます。でも「生きてる」という皮膚感覚、体感を持っている人はほとんどいません。哲学者も人は「存在すること」自体できていないと言っています。存在しているという感覚がないのです。

スタニスラフスキーが教えていることは舞台上で「生きる」ということ、「全身」で「全存在」で全てのことを感じ取る感覚を持って、舞台に出ることを教えています。

セリフを覚えることで・・

セリフを覚えた俳優が舞台に出てきて、乗り越える障害が何もない状態。そして相手もただセリフを言うだけ。それだと何を見せられているのでしょう。見せるものが何もない。ただ、生きてない死んで冷めたような状態を見せられています。

そういう芝居の一番面白い瞬間は、セリフを忘れた時です。あるいはハプニングで小道具が落ちた時。アクシデントが起きた時に、ちょっと生活が生まれます。

もっと単純に

チェーホフが芸術座の稽古で俳優達に、もっと単純にと言い続けていたのは、実際は自然にそこで起こることだから、それを表現しようと演技する必要はないという意味で言っていました。

そういう意味でチェーホフの作品は、そのまま流れに乗せていれば、勝手に演じられていきます。余計なことを何もしなければ、自然と流れていくのです。

登録ボタンを押してアカデミーのYoutubeチャンネルに登録すると、アカデミーの旬の講義をピックアップしたものや、公開講義ノーカット版などを無料でご覧になることができます。

本科カリキュラム(一部分)

創造的自己感覚

  • 身体の解放
  • 注意
  • イマジネーション
  • もしも
  • 真実感覚

戯曲の分析

  • 断片に分ける
  • 事件とは
  • 障害・課題・抱負・志
  • 超課題・貫通行動

内的行動

  • 内的行動とは
  • 嘘をつかない
  • 理由を見つける
  • 自分が信じられるものを探す

身体的行動

  • 体感覚
  • オノマトペ
  • どのように意識を向けるか
  • 無邪気さ

身体的課題

  • 相手
  • 障害の見つけ方
  • どうさせたいのか
  • 紋切り型の演技にならないためには

交流分析

  • 優しさ
  • 内的注意
  • エネルギーの使い方
  • 余計なことをしない

追体験

  • 追体験とは
  • 浄化・カタルシス
  • 感情とエモーション
  • 芸術の意味

存在すること

  • 舞台の上で生きるとは
  • 真実
  • 我ありの状態

公開講義ノーカット全編

2021年9月第2回説明会 全編

「才能」とはなんでしょう、どう開いていけば良いのでしょう、そしてそれをを開くための鍵とは一体なんなのでしょう。「才能は限りなく開く」というテーマを中心に話が進んでいきます。

2021年7月第1回説明会 全編

スタニスラフスキーシステムの説明の前に、芸術についての話から始まります。芸術とは一体何なのか。何のために必要なのか。そして芸術の持ってる可能性について。

2020アカデミー1日体験会 全編

今回はスタニスラフスキーシステムのメソッドの中でも一番面白いものを、理論と実践の両方から説明していきます。

2020第3回説明会 全編

本来人間はみんな才能があり、そして子供もみんな生まれつき才能を持っているということから、才能についての話が進められていきます。

2020第2回説明会後半 全編

(約1時間44分)スタニスラフスキーが述べる、人間の3つの精神活動、考え、意志(抱負)、感情から話が始まります。

2020第2回説明会前半 全編

(約2時間)芸術とは何か、創造活動とは何か、人間とは何か、人間の意識とは何かという切り口から話が始まります

2020第1回説明会後半 全編

前半に引き続き、スタニスラフスキーシステムについての話が続きますが、後半では人間が持つ五感、視覚、聴覚、味覚、皮膚感覚、嗅覚、そして内的な五感、内的な聴覚があるという話題から話が進んでいきます。(約2時間)

2020第1回説明会前半 全編

キャスティングや、色々な芝居に出られるようになることよりも、それぞれの人が、元々持っているその創造活動の部分において、どのように生かされていくのか、そこにしか興味がないというところから話が進んでいきます。(約1時間半)

チェーホフ:言葉の背後に込められたもの

チェーホフは200年後の人にしか演じられないと言ったのは、その言葉の背後に込められた、繊細な見えない優しさを表現することができないからというところから話が始まります。